ASSET制度

環境省では、CO2排出抑制につながる設備の導入に対して補助金を交付する「先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減設備補助事業(ASSET:Advanced technologies promotion Subsidy Scheme with Emission reduction Target)」を今年度も開始しました。

ASSET制度は、先進的な設備導入と運用改善を促進するとともに、市場メカニズムを活用することで、CO2排出量大幅削減を効率的に図る制度です。当機構は、前身の自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)において、制度づくりから携わるなど豊富な経験を持っています。これらの経験を基盤として、本制度においても検証サービスを提供し、温室効果ガス(GHG)排出量データの信頼性向上に貢献いたします。

※JVETS:
日本国内に排出量取引を導入することで、費用効率的かつ確実にGHG排出量を削減することを目的に環境省が2005年から開始し、2013年に終了した制度です。


当機構のJVETSにおける検証実績はこちら 自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)

検証のポイント

ASSET制度では、事業者自らが自社のGHG排出量を算定し、第三者機関の検証を受けることが求められています。当機構は、ASSET制度創設時からの検証機関です。GHGの排出量算定に慣れていない場合、検証の時点で次のような指摘がみられ、手戻りの大きな原因となります。

  • 算定に含めなくてはならない燃料の監視点が欠落していた。
  • LNG購買量を集計する際に、熱量補正された数値が用いられていなかった。
  • 電力量の集計方法が所定の手順と異なっていた。

これらのような指摘が起こらないように、GHG算定の際には第三者検証にも耐えうるように、決められた算定手順に従うことはもちろん、数字の根拠を明示して説明できるようにしておくことが肝要です。
当機構では、ASSET制度採択者向けに、GHG排出量の算定・検証等に関するご相談に個別に応じます。お気軽にお問い合わせください。

無料進呈!ASSET制度での算定・検証がわかるDVD

算定や検証を受けたご経験の少ない方には、環境省が監修したDVD「よくわかる! GHG(温室効果ガス)の算定・検証」を差し上げます(先着順、本制度の採択者に限る)。

ご希望の方は、電話、FAX、またはE-mailにてご連絡ください。

関連リンク

本制度の検証等に関する詳細については、環境省のASSETウェブサイトをご確認ください。
環境省ASSETウェブサイト

本制度の公募等に関する詳細については、ASSET事業運営センターのASSETウェブサイトをご確認ください。
ASSET事業運営センター(GAJ)ウェブサイト

ページの先頭へ