J-クレジット制度

J-クレジット制度とは、森林経営や省エネルギー機器の導入などの取り組みによる、温室効果ガス(GHG)の排出削減・吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。J-VER制度と国内クレジット制度が統合した制度で、国により運営されています。本制度により創出されたクレジットは、カーボン・オフセットなどのさまざまな用途に活用できます。当機構は、本制度の前身であるオフセット・クレジット(J-VER)制度で、削減プロジェクト、森林吸収プロジェクトともに制度初の検証を行うなど、パイオニアとして豊富な実績があります。本制度においてもその豊富な実績をもとに、審査機関として、妥当性確認および検証を行います。

当機構のJ-VER制度における実績はこちら オフセット・クレジット(J-VER)制度

関連リンク

本制度の詳細については、J-クレジット制度のウェブサイトおよび国内クレジット制度のウェブサイトをご確認ください。

ページの先頭へ