「平成29年度CO2削減ポテンシャル診断事業」診断機関登録のお知らせ

2017年4月28日
一般財団法人日本品質保証機構

この度、当機構は環境省が実施する『平成28年度CO2削減ポテンシャル診断事業』の診断機関に登録し、下記の通り診断サービスを開始いたしましたのでお知らせいたします。

CO2削減ポテンシャル診断事業とは:
当機構が設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況を踏まえ、受診事業所において適用可能なCO2削減対策(運用改善や設備更新)を具体的に提案します。なお、ポテンシャル診断事業を行うために必要な経費は、環境省より補助金として交付されます(下記図を参照)。
診断にあたっては、エネルギー消費状況を計測するコースと、計測しないコースの2種類から選択します。

<対象>
年間のCO2排出量が50トン以上3,000トン未満の工場および事業場等の事業所(受診事業所)

フロー

※補助金上限額(税別)補助金上限額(税別)

当機構では、2014年度より当該事業に携わってきた実績を活かし、経験豊富な診断人が省エネに関する的確なアドバイスを行います。また、副診断機関との業務提携による、西日本地域での診断体制も構築しております。
ぜひこの機会に受診をご検討ください。

公募申請先

公募期間:平成29年5月1日(月)~ 5月31日(水)

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

元川/市野までお電話ください。

TEL : 03-4560-5600 / FAX : 03-4560-5601
E-mail : chikyu-kankyo@jqa.jp