保管センター安全対策適合証明

重要なデータのバックアップは、業務の継続性を確保する上で非常に大切な作業です。バックアップデータの保管方法や外部委託する場合の保管先については、少なくとも元データの保管と同等の安全対策が求められます。

当機構はデータの保管に関する安全対策の重要性を認識し、長年のセキュリティ検査を通して培った技術と経験を基に、保管センターの安全対策基準に基づく適合証明を行っています。

適合証明を取得するための検査には、設備に関する検査と設備の適合レベルを維持・管理することを目的とした運用検査があります。

安全対策基準(参考)

  1. JQA基準: 保管センター安全対策検査基準(PDF:165KB)

ページの先頭へ