当機構初、東京都福祉サービス第三者評価制度の受審証を発行

2018年2月20日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構は、東京都の福祉サービス第三者評価制度に基づく評価を次の組織に対して実施し、受審証を発行いたしました。
当制度に基づく評価の実施および受審証の発行は当機構として初めてです。

福祉サービス第三者評価は、保育所や高齢者施設、障害者施設などの福祉事業者が提供するサービスの質を、公正・中立な第三者機関が専門的・客観的な立場から総合的に評価するものです。
第三者の目から見た評価結果を幅広く利用者や事業者に公表することで、利用者への情報提供を行うとともに、サービスの質の向上に向けた事業者の取り組みを促し、利用者本位の福祉の実現を目指しています。

社会福祉法人 南風会 青梅学園(所在地:東京都青梅市、施設長:山下 望、以下青梅学園)

<対象福祉サービス>
障害者支援施設(生活介護、施設入所支援)

社会福祉法人 南風会 青梅学園 山下 望施設長(左)と当機構理事 福井 安広受審証授与式当日の様子(社会福祉法人 南風会 青梅学園 山下 望施設長(左)と
当機構理事 福井 安広)

青梅学園 山下 望 様のコメント

【第三者評価を受審してよかったこと】

日常業務を行っている中では、日々の生活の改善点を見いだすことはできますが、大きな視点での施設の改善点を見いだすのは難しいです。第三者評価を受審することによって、自分たちの改善点や、良い点を明確にし、事業計画に組み込むことができてよかったと感じました。

【JQAで受審して感じたこと】

従前より課題となっている、誰にでも分かりやすく使えるマニュアルの作成や、改定時期の設定等について明確になりました。次年度以降の取り組みとして、ISO 9001の手法を用いて、法人全体として取得を目指すことも検討したいと考えています。

社会福祉法人 南風会 青梅学園

1964年10月開園。以来、障害を持っている方に寄り添った支援事業を展開している。

社会福祉法人 星風会グループホーム こすもす あやせ
(所在地:東京都足立区、施設長:伊藤 利恵、以下グループホーム こすもす あやせ)

<対象福祉サービス>
認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】(介護予防含む)

社会福祉法人 星風会グループホーム こすもすあやせ 伊藤 利恵施設長(左)と当機構理事 福井 安広受審証授与式当日の様子(社会福祉法人 星風会グループホーム こすもす あやせ
伊藤 利恵施設長(左)と当機構理事 福井 安広)

グループホーム こすもす あやせ 伊藤 利恵 様のコメント

【第三者評価を受審してよかったこと】

自分たちの日々の取り組みが、どの程度確立されたサービスとして提供できているか、再認識することができました。
アンケートの結果により利用者家族や職員が持っている疑問点が分かり、今後その部分を中心に説明や指導をしていけると思います。
今回の評価結果をもとに、職員一丸になり介護スキルの向上を目指し、今以上の「顧客満足」と「サービスの質向上」を図っていきたいと思います。

【JQAで受審して感じたこと】

自分たちでは気が付かない目線で調査していただき、さすが「評価のプロ」と思いました。
他の介護施設をたくさん見てきているだけあって、「職員のスキル向上や評価の仕方」、「顧客満足度の図り方」や今後の運営に役立つアドバイスをいただきながらの調査でしたので、大変参考になりました。

社会福祉法人 星風会グループホーム こすもす あやせ

2011年10月開設。軽度の認知症の方を対象としたグループホームとして、認知症対応型共同生活介護事業を運営する。

関連リンク

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5710 / E-mail : ms-suishin@jqa.jp