CMJ登録
(認証制度業務)

概要

CMJ登録制度は、電気用品安全法の技術基準に基づく電気製品の認証を経済的・効率的に行うために、部品・材料を事前に評価・登録する制度です。CMJ登録制度は電気用品部品・材料認証協議会が運営し、当機構と一般財団法人電気安全環境研究所(JET)が認証機関として参加しています。

※CMJとは、"Certification Management Council for Electrical & Electronic Components & Materials of Japan"を略したものです。

電気用品を製造される事業者の方は、CMJに登録された部品・材料等を使用することによって、自社製品が電気用品安全法の技術基準に適合していることを確認する際に、合理化を図ることが出来ます。

CMJマーク

電気用品安全法対象製品におけるCMJ登録部品の活用

CMJ登録品は、電気用品安全法の技術基準における「客観的に確認したもの」に該当するものとして活用することができます。

ページの先頭へ