IECQ認証制度
(認証制度業務)

概要

IEC電子部品品質認証制度(IECQ)は、1980年にIECで創設された電子部品の品質認証システムで、IEC適合性評価評議委員会(CAB)の下で運営されている国際的な認証制度です。IECQ認証管理委員会(IECQ MC)で運営されています。現在、14カ国の認証機関が加盟しており、日本からは唯一JQAが認証機関として登録されています。

IECQとは、INTERNATIONAL ELECTRO TECHINCAL COMMISSIO QUALITY ASSESSMENT SYSTEM FOR ELECTRONIC COMPONENTSの略称であり、電子・電気部品、アセンブリ、これらに関連する材料メーカや、これらの試験所について、サプライチェーンの検証ツールを提供することを目的としています。

IEC電子部品品質認証制度(IECQ)

IECQのCB(認証機関)は、ISO 9001またはISO/IEC 17025をベースとしたIECQの定めた基準に基づき、電子部品、関連部品、材料に対する品質認証、それら部品の設計・製造・販売を行う事業所のシステムに対する認証、および部品の品質認証に係わる品質試験を実施できる試験所の認証を行います。

品質のグローバルなパスポートとして認証書を活用できるほか、以下のロゴマークをパンフレットや名刺等に使用でき、また適合マークを部品に使用できます。

IECQマーク

ページの先頭へ