インド BIS強制登録の対象製品が拡大
~ 2018年2月16日から適用開始 ~

2017年8月31日
一般財団法人日本品質保証機構

MeitY(Ministry of Electronics and Information Technology / 電子情報技術省)は、2017年8月16日付けで、強制登録の対象を現行の30品目から、さらに下記の13品目に拡大することを発表しました。この通知から6ヵ月間の移行期間が設けられますが、2018年2月16日からは適用が開始されます。

参考リンク(インド当局ホームページ)

追加対象品目(13品目)
31 Recessed LED Luminaires
32 LED Luminaires for Road and Street Lighting
33 LED Flood Lights
34 LED Hand Lamps
35 LED Lighting Chains
36 LED Luminaires for Emergency Lighting
37 UPS/Inverters of rating ≦ 10kVa
38 Plasma/LCD/LED Television of screen size up to 32″
39 Visual Display Units, Video Monitors of screen size up to 32″
40 CCTV Cameras/CCTV Recorderes
41 Adapters for household and similar electrical appliances
42 USB driven Barcode readers, barcode scanners, Iris scanners, Optical fingerprint scanners
43 Smart watches

※現行では、IT/AVアダプター、プリンター、タブレット等の30品目が強制登録の対象となっています。2018年2月16日より、上記13品目もBIS登録が必要になります。

関連リンク(JQAホームページ)

当機構のインドBIS登録代行のサービスは、現地試験から登録までの一貫したサポートでご好評をいただいております。強制登録の対象製品をインドへ輸出されている皆さまは、ぜひ当機構のサービスをご利用ください。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 042-679-0246 / FAX : 042-647-0170
E-mail : jtp-safety-cstm@jqa.jp
TEL : 072-729-2244 / FAX : 072-728-6848
E-mail : kita-customers@jqa.jp

メール配信サービスのご紹介

当機構 総合製品安全部門では、国内および海外の規制に関する情報や各種セミナー案内などの最新情報を、お客さまにいち早くお届けするメール配信サービス(無料)を行っています。ぜひお気軽にご利用ください。