第3回セミナー

第3回セミナーの概要

2014年3月20日に第3回地球環境セミナー『東京都「総量削減義務と排出量取引制度」の動向とグリーンビルディング評価制度の概要』と題してセミナーを開催し、約70名の方にご参加いただきました。
第2計画期間の開始に向けて今後も、情報を提供していく次第です。今回ご参加いただけなかった方々におかれましては、次の機会にご出席いただけましたら幸いです。

<開催主旨>
東京都制度では、対象事業所は、第1計画期間(2010年度から2014年度まで)の削減義務を、原則として2016年9月末までに履行する必要があります。
そこで今回のセミナーの第1部では、東京都制度の検証で発見した排出削減量算定のポイントや第1計画期間の削減義務の履行手続きに加えて、第2計画期間の概要についても先取りしてご説明いたしました。
第2部では、持続可能な建物への関心が集まるなか、省エネルギーなどに限定された従来の環境性能よりも広い意味での環境性能を客観的に評価し、建築物の商品価値を消費者にアピールするグリーンビルディング(環境配慮型建築物)評価制度について、東京都制度の対象事業者である物産不動産株式会社の義永様より、高い環境性能を持つ不動産化へ向けた取り組みを事例を交えながらご紹介いただきました。

プログラム

第1計画期間の途中経過報告

~日本品質保証機構 地球環境事業部 環境審査課 滝口 幸次~

第2計画期間の概要

~日本品質保証機構 地球環境事業部 企画課 倉内 瑞樹~

事例紹介「環境不動産化に向けた取り組み

~物産不動産株式会社 技術部 環境推進室長 義永 秀樹氏~

セミナー会場の様子セミナー会場の様子

セミナー会場の様子


前のページに戻る

ページの先頭へ