国内温室効果ガス(GHG)排出量検証

温室効果ガス(GHG)排出量検証の流れ

申込契約締結

契約時にお客さまに・・・

  • 検証基準の確認
  • 排出量算定報告書の作成をお願いいたします。
事前調査
  • 検証に必要な情報を確認させていただきます。
検証計画策定
  • 検証スケジュール、検証チーム等ご連絡いたします。
文書検証(フェーズ検証)
  • 主に算定手順、算定体制等を検証いたします。
  • 検証時に発見された課題についてお伝えし、修正をお願いします。
    検証の着目点
    • ・組織境界が正しく設定されているか
    • ・排出源がもれなく選定されているか
    • ・算定体制が整備されているか
    • ・排出量の基礎となるデータが正しく把握されているか
現地検証(フェーズ2検証)
  • 主に実施運用面、数値等を検証いたします。
  • 検証時に発見された課題についてお伝えし、修正をお願いします。
    検証の着目点
    • ・定められた体制、手順で実施運用されているか
    • ・排出量の算定に間違いはないか
検証報告書の作成・判定、検証報告書の発行
  • 検証機関として検証結果を確定いたします。
  • ※各制度により流れは若干異なります。
  • ※必要に応じて、現地検証後に、発見された課題が修正されているかを確認するためのフォローアップ検証を行います。

ページの先頭へ