第4回JQA地球環境セミナーのご案内 企業価値向上を見据えた環境情報の開示 | ニュースリリース | JQA

第4回JQA地球環境セミナーのご案内「企業価値向上を見据えた環境情報の開示」

2014年12月19日
一般財団法人日本品質保証機構

2015年1月30日に「企業価値向上を見据えた環境情報の開示」と題して無料のセミナーを開催します。
昨今、企業の社会・環境活動は温室効果ガスの排出削減を始め、水資源の保護、森林破壊の防止など多岐にわたっています。また、自社だけでなくサプライチェーン全体での取り組みも活発化しています。こうした潮流の大きな契機となったのが、CDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)による企業への社会・環境活動の情報開示圧力と言われています。
そこで今回のセミナーではCDP事務局様より環境情報開示の最新動向を解説いただき、同時にCDPで開示が求められている温室効果ガス排出量情報・水資源管理情報・森林資源管理情報について、企業のご担当者様から事業活動との関係性を見据えながら具体的な取り組み内容をご紹介いただきます。最後に当機構より環境情報の活用ポイントについて解説いたします。
この機会にぜひご参加ください。

セミナー概要

テーマ 企業価値向上を見据えた環境情報の開示
日   時 2015年1月30日(金) 13:30〜17:00
場   所 JQA 17階 会議室C-1、2、3 (定員:80名)
(住所:東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル 17F)
費   用 無料
プログラム

【導入編】

「環境情報開示の最新動向について」
講師: CDP事務局 ジャパンディレクター 森澤みちよ氏
-------------------------------------------------------------
CDP事務局として、CDPの概要と環境情報開示の広がりや課題についてご講演いただきます。

【事例編】

事例紹介①
「環境情報の向上と企業価値の向上〜森林資源管理を見据えて〜」
講師: 大日本印刷株式会社 環境安全部 鈴木由香氏
-------------------------------------------------------------
今回CDPでCPLI(Climate Performance Leadership Index)に選出された 大日本印刷(株)様に事業活動における環境活動、特に森林資源管理も見据えた取り組みをご紹介いただきます。

事例紹介②
「環境情報の開示と企業価値の向上〜水資源管理を見据えて〜」
講師: 花王株式会社 環境・安全推進本部 課長 柴田学氏
-------------------------------------------------------------
今回CDPでCDLI(Climate Disclosure Leadership Index)に選出された花王(株)様に事業活動における環境活動、特に水資源管理も見据えた取り組みをご紹介いただきます。

「環境情報の活用〜企業価値と社会価値の両立を目指して〜」
講師:(一財)日本品質保証機構 地球環境事業部 環境審査課 主幹 倉内瑞樹
-------------------------------------------------------------
企業価値と社会価値の両立を目指す場合、企業は事業活動がサプライチェーン全体で社会とどう関わっているかを把握しなければなりません。特に今回のセミナーでは、環境価値に絞り、企業価値との両立において環境情報の活用方法を解説いたします。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5600 / FAX : 03-4560-5601
E-mail : env-seminar@jqa.jp