ソフトウェアやデータなどの電磁的記録に関する
JISマーク表示制度の認証機関として第一号の登録を取得

2022年5月12日
一般財団法人日本品質保証機構

このたび当機構は、2022年5月12日付けで、経済産業省より、ソフトウェアやデータなどの電磁的記録に関するJISマーク表示制度の認証機関として第一号の登録を取得いたしました。

これにより、ソフトウェア作成事業者様が当機構による認証を受け、JISマークを表示して頂くことを通じて、ソフトウェアやデータの信頼性の向上に寄与いたします。

JQAのJIS認証マーク当機構のJIS認証マーク

認証の対象とするJIS :JIS X25051
システム及びソフトウェア製品の品質要求及び評価(SQuaRE)-既製ソフトウェア製品(RUSP)に対する品質要求事項及び試験に対する指示(量産化される既製ソフトウェア製品(RUSP: Ready to Use Software Product)に関する品質要求事項について規定したもの)

※JISについては以下の検索ページを通じて閲覧することができます。
日本産業標準調査会(JISC)‐ JIS検索

JISマーク表示制度

JISマーク表示制度は、事業者が、国により登録された民間の第三者機関(登録認証機関)から認証を受け、自社の製品等が日本産業規格(JIS)に適合していることを示す表示としてJISマークを製品等に付すことができる制度です。
これまで、JISマーク表示制度の対象は、鉱工業品及びその加工技術だけでしたが、産業標準化法の改正(令和元年7月施行)により、ソフトウェアやデータなどの電磁的記録もその対象となりました。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5500 / FAX : 03-4560-5501
E-mail : jis-ninshou@jqa.jp