新サービス「コンクリートの促進中性化試験」開始のお知らせ

2021年10月12日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構では、2021年10月より、コンクリートの耐久性を確認する「コンクリートの促進中性化試験」の提供を開始いたしました。

コンクリートの中性化とは、大気中の二酸化炭素がコンクリートに侵入し炭酸化反応を起こすことにより、細孔溶液のpH値が低下する現象です。この現象により、コンクリート内部の鋼材腐食が進行し、腐食膨張圧によるコンクリートひび割れの発生、かぶりコンクリートの剥離・剥落、鋼材の断面欠損による耐荷力低下等の劣化など、構造物あるいは部材の性能ダウンにつながります。

促進中性化試験は、雰囲気中の二酸化炭素濃度を高くすることで、短期間でコンクリートの中性化を促進させ、中性化深さを測定する方法により、コンクリート等の耐久性(中性化抵抗性)を確認することができます。

当機構で対応可能な主な試験方法

  • コンクリートの促進中性化(JIS A 1153)

その他の試験方法についてもお気軽にお問い合わせください。

詳細についてはリーフレットをご覧ください。

資料ダウンロード

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 0568-24-2204 / FAX : 0568-24-1630