ISOセミナー

講座のご案内

現場で活用するISO 9001:2015への取組み ~パフォーマンス向上に向けたシステム改善~

本セミナーでは、ISO 9001:2015年版について、現場の管理者や担当者が現場改善を進めるための大切なテーマやポイントの視点から、要求事項の活用について考えていきます。
効果的に要求事項を組み合わせて改善すべきテーマに取り組むことが、ISO 9001を現場で活用するために大事である、という観点から、以下のようなテーマについてお話しします。

  1. パフォーマンス向上を目指す活動と仕組み
  2. リスクへの取り組みの強化と機会への対応
  3. 技能、ノウハウの共有と活用
  4. 使いやすい仕組みのための提案

これらのテーマについて、現場での活用の視点からお話しますので、現場の「組織のチカラ」を向上させるためにお役立てください。

セミナー概要

主な対象者 ISO 9001:2015年版を運用されている組織のISO事務局、現場の管理職・職員の方で、品質マネジメントシステムをより活用したい方
主な内容
  1. パフォーマンス向上を目指す活動と仕組み
    • 共通要素がマネジメントシステムの幹になる
    • マネジメントシステム規格の章立てとPDCA
  2. リスクへの取組みの強化と機会への対応
    • 「リスク及び機会」の3つの着眼点
  3. 技能、ノウハウの共有と活用
    • 「組織の知識」の3つの着眼点
  4. 使いやすい仕組みのための提案
    • 現場管理の道具としてのISO 9001

さらに上記のテーマを掘り下げて:

  • 現場のリスク対応力のレベルアップ
    - 現場の立場でリスクを理解し、程度に応じたリスク管理を
    - 実践的なリスク管理
  • 現場の管理とパフォーマンス評価
    - 効果的な活動を支える仕組みとは何か
    - 実践的な監視、測定、分析及び評価の仕組み
  • ベストパフォーマンスの仕組みに向けて
    - 多面的な評価と一体的な改善で全体最適を目指す
    - ベストエフォートの仕組みへの挑戦
  • 顧客満足の向上と現場活動のポイント
    - 顧客要求事項の正しい理解が現場活動でも基本
    - 顧客満足向上のための内部コミュニケーションの充実
  • 設計・開発プロセス
    - 設計・開発プロセスのリスク管理能力の充実
    - 外部との関係重視により実現する柔軟な設計・開発
  • 購買管理、外注管理
    - 管理の方法はリスクとの見合いで決定
    - 外部委託先のパフォーマンス評価でwin-winの関係構築
  • 使いやすい、分かりやすい仕組み作りへの工夫と努力
    - 見える化による使いやすくかつ必要最小限の手順書の追究
    - 働きやすい職場環境は現場の整理整頓に始まる
  • 標準化と改善のスパイラルアップを目指すポイント
    - 標準化したとおり作業を実施していることの確認
    - パフォーマンスの正しい監視と評価の仕組み
  • 変更管理
    - 変更管理はリスク管理
    - ムダのないコミュニケーションで変更情報を伝達
  • プロセスアプローチと現場活動
    - 日常の活動における相互関係のレベルアップが大事
    - トップから現場までの一体的な活動で全体最適を実現
開催時間 13:30 ~ 17:00(受付 13:00~)
受講料 ★初回限定特別価格★
  • お一人6,250円(税別)
  • 当機構でマネジメントシステム規格を登録されている組織の方は、お一人5,000円(税別)

※割引価格の適用をご希望の場合は、お申し込みの際に「JQA登録番号」を必ずご記入ください。ご記入のないお申し込みは割引適用の対象外となりますのでご注意ください。

お申し込み手順
備考
  • セミナー資料の副読本として、当機構の書籍「増補改訂版 内部監査力パワーアップの秘訣!!」をお配りします。
  • 受講料は、銀行振込にてお支払いいただきます。
  • 最少開催人数に達しない場合や、その他やむ得ない事情により、開催を中止する場合がございます(中止の場合は受講料を返金いたします)。
開催日程・会場 2019年8月6日(火)13:30 ~ 17:00(受付 13:00~)
東京会場
お申し込み

講座一覧へ

お問い合わせ先

JQA ISOセミナー

TEL : 03-4560-5678

[PR] パートナー企業主催セミナーのご案内(外部サイトに移動します)

JQAI ISOセミナー

バナーリンク先:

ページの先頭へ