海外審査サービス

  • 概要
  • よくあるご質問

よくあるご質問

海外審査ができる国を教えてください。
タイおよびベトナムでは充実した体制で審査サービスをご提供しています。その他の国においても、登録形態によっては当機構審査員または提携審査機関の審査員による審査を行うことができます。
海外審査ができる規格を教えてください。
タイではISO 9001・ISO 14001・OHSAS 18001・IATF 16949、ベトナムではISO 9001・ISO 14001・OHSAS 18001の審査が可能です。その他の国についてはISO 9001・ISO 14001が基本となりますが、他の規格についてもご相談に応じます。
どのような言語で審査ができますか?
現地の審査員が担当する場合は、原則として現地の言語または英語で審査を行いますが、タイにおいては日本語での審査も可能です。日本から審査員を派遣する場合は日本語で審査を行います。また、必要に応じて通訳を入れて審査を行うこともあります。
海外審査にかかる費用はどれくらいですか?
認証を取得する規格や国、対象となる組織の人員数などに応じて審査料金を算出します。お客さまの状況を把握した上で料金を算出しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
どのような内容の登録証が発行されますか?
現地で行った審査の結果に基づいて、認定機関(JABおよびUKAS)のマークを付与した登録証を当機構が発行します。これは、日本国内の審査に基づいて発行する登録証と同じ内容です。
  • 概要
  • よくあるご質問

ページの先頭へ