ISO 29990(学習サービス)

概要

ISO 29990

質の高い学習サービスを提供し続ける体制を構築し、受講者や利用者からの信頼を高めます

ISO 29990 は、小・中学校や高等学校などの公式教育以外の「非公式教育・訓練」における学習サービス事業者に対する基本的要求事項について定めたマネジメントシステムの国際規格です。
ISO 29990 の目的は、非公式な教育・訓練や人材育成のための企画、設計および開発において、質の高い専門的な学習サービスの実践と運用のための一般的な仕組みと、学習サービス事業者およびその顧客に共通の基準を提供することです。
ISO 29990 の内容は、『学習サービスに関する要求事項』と『事業者のマネジメントに関する要求事項』の2つで構成されています。

3章 学習サービスに関する要求事項 3.1 学習ニーズの明確化(利害関係者のニーズ等の把握) 3.2 学習サービスの設計(目的・適用範囲の設定、カリキュラム開発) 3.3 学習サービスの実施(情報提供、学習実施) 3.4 学習サービス提供のモニタリング(学習者からのフィードバック) 3.5 学習サービス事業者によって行われる評価(学習の評価、学習サービスの評価) 4章 学習サービス事業者のマネジメントに関する要求事項 4.1 一般マネジメント要求事項 4.2 戦略及びビジネスマネジメント 4.3 マネジメントレビュー 4.4 予防処置及び是正処置 4.5 財務管理及びリスク管理 4.6 人事管理 4.7 コミュニケーションマネジメント(内部/外部) 4.8 人的・物的資源の割り当て 4.9 内部監査 4.10 利害関係者からのフィードバック

対象となる組織

  • 学習塾/予備校
  • 英語教室などの語学教室
  • 民間職業訓練機関
  • 資格取得を目的とする教育事業者
  • 企業内研修を支援する事業者
  • 社内の教育研修部門 等
    (主たる業務が学習サービス以外の製品やサービスの提供であっても、学習サービス提供部門に適用範囲を限定した認証が可能です。)

期待できる効果

  • 学習サービス業務の整理(見える化)
  • マネジメントシステムの運用により、提供する学習サービスの品質向上と継続的な改善
  • 顧客(受講者や参加者、企業の人事担当者など)からの信頼性向上
  • 競合他社との差別化/組織内での透明性の確保/従業員のモチベーションの向上 等

活用事例

関連リンク

ページの先頭へ