当機構初、野村不動産株式会社にISO/FDIS 9001:2015に基づく移行審査を実施し登録証を発行

2015年8月7日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構は、野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長 宮嶋 誠一)都市開発事業本部 建築部 データセンター技術課の品質マネジメントシステムに対し、ISO/FDIS 9001:2015に基づいて移行審査を実施し、8月7日に登録証を発行しました。ISO/FDIS 9001:2015に基づく移行審査の実施および登録証の発行は当機構初です。

▲ISO/FDIS 9001:2015に基づく登録証

ISO 9001は世界で最も普及しているマネジメントシステム規格であり、多くの組織が品質向上・顧客満足向上を目的に導入しています。現在、同規格は改定が進められており、FDIS(最終国際規格案)の段階です。2015年9月にはIS(国際規格)として、正式に発行される見込みです。

野村不動産株式会社 都市開発事業本部 建築部 データセンター技術課では、2014年3月にISO 9001:2008に基づく認証を取得していますが、いち早くISO 9001の改定に対応すべく、ISO/FDIS 9001:2015に基づく見直しを行い、移行審査を受審しました。ISO/FDIS 9001:2015に基づく移行審査の実施および登録証の発行は当機構初であり、品質マネジメントシステムに関する同社の積極的な取り組みがうかがえます。

当機構では、すべての組織がスムーズにISO 9001:2015へ移行できるようサポート体制を整えています。規格改定を契機に、ぜひ当機構のISO 9001認証サービスをご利用ください。

※当機構はFDIS段階での認証取得組織に対して、ISへの移行審査を円滑に行います。

野村不動産株式会社

1957年創業。総合不動産会社として、住宅、オフィス、商業施設、物流施設など幅広い事業を展開する。

関連リンク

ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001の改定情報と、新規格へ移行するための情報を提供する無料の会員制情報サイトです。
移行に役立つ情報やマネジメントシステム活用のヒントを順次掲載していますので、ぜひご活用ください。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5710 / E-mail : ms-suishin@jqa.jp