ISO等のマネジメントシステム審査について

2020年4月7日
一般財団法人日本品質保証機構
マネジメントシステム部門

本日4月7日(火)、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言が発出されることになりました。(対象区域:東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫および福岡)
これを受けてISO審査業務等に関する今後の対応について、下記のとおりお知らせいたします。
お客さまにはご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

1. ISO審査等対応について

政府や地方自治体による外出自粛等の要請を踏まえ、お客さまとご家族の皆さま、および当機構の審査員と職員等の安全確保と感染拡大の防止を最優先に考え、4月8日(水)から5月10日(日)までに実施を予定していた、全国、全ての規格の審査を原則延期とさせていただきます。

なお、
  • 更新審査が延期となるお客さまは、下記の「2.登録証の有効期限について」をご確認ください。
  • FSSC 22000およびJFS-C規格の定期審査または更新審査が延期となるお客さまには、FSSC財団の要求事項およびJFSMの指示に基づき、電話による「リスク評価」を実施させていただきます。該当するお客さまには、担当の審査チームリーダーより、電話等で順次ご案内を差し上げます。
  • 審査再開時期は、2020年5月11日(月)を予定しておりますが、今後の状況により変更になる場合もございます。延期された審査の日程等については、再開の準備が整い次第、順次ご案内させていただきます。

2. 登録証の有効期限について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で審査が延期され、登録証に記載の有効期限までに更新審査の実施またはその判定を完了できない場合、有効期限が最長6ヵ月延長される旨がIAF(国際認定フォーラム)より通達されています。当機構はその通達に則った対応をいたしますのでご安心ください。
また、お取引先等から有効期限を過ぎた登録証の有効性についてお問い合わせを受けられた場合は、上記の内容をご説明ください。

なお、IATF 16949、FSSC 22000、JFS-C規格は次のとおりとなります。

IATF 16949 当機構のメンバーズサイトに詳細を説明しておりますのでご確認ください。
FSSC 22000
JFS-C規格
定期審査または更新審査が延期となるお客さまには、担当の審査チームリーダーから電話による「リスク評価」を実施させていただきます。

3. お問い合わせについて

当機構では、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、時差出勤や在宅勤務を実施しております。お客さまにはお手数をおかけしますが、お問い合わせは、下記の相談窓口担当のE-mailアドレス宛にお願いいたします。なお、E-mailでのお問い合わせが困難な場合は、お電話でお問い合わせください。

拠点/事務所 相談窓口担当グループ E-mailアドレス TEL
東京・神田地区
(企画センター)
第1グループ support-1g@jqa.jp 03-4560-5666
第2グループ support-2g@jqa.jp 03-4560-5711
第4グループ support-4g@jqa.jp 03-4560-5798
第5グループ support-5g@jqa.jp 03-4560-5776
第6グループ support-6g@jqa.jp 03-4560-5778
第7グループ support-7g@jqa.jp 03-4560-5779
ISO関西支部 関西1グループ cstm-isokansai@jqa.jp 06-6393-9076
関西2グループ cstm-isokansai2@jqa.jp 06-6393-9075
ISO中部支部 isochu@jqa.jp 052-533-9287
GAP認証室 gap@jqa.jp 03-4560-5652

※お問合せ先がご不明な場合、上記のいずれかにご連絡ください。

このような措置をとらせていただくことにより、お客さまには多大なご迷惑をおかけいたします。認証の維持に関しましては、影響の無いよう対応させていただきますのでご安心ください。

何卒ご理解、ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ