「東京都福祉サービス第三者評価制度」
活用事例のご紹介(社会福祉法人南風会 ケアホーム南風)

2021年6月4日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構では、「東京都福祉サービス第三者評価※1」に基づく評価を実施しております。

この度、当機構で本評価制度を受審いただいた、共同生活援助(グループホーム)※2を提供する「社会福祉法人南風会 ケアホーム南風」様より、受審された感想や今後の取り組み内容について伺いました。

東京都福祉サービス第三者評価制度をご検討中のお客さまは、ぜひ参考にしていただき、ご不明点などございましたら、以下、お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

  • ※1 東京都福祉サービス第三者評価:
    保育所や高齢者施設、障害者施設などの福祉事業者が提供するサービスの質を、公正・中立な第三者機関が専門的・客観的な立場から総合的に評価し、公表する制度。
    当機構は東京都福祉サービス第三者評価機関として認証を受けており、ISO 9001等の審査で培った審査経験を活かした評価を多数実施している。
  • ※2 共同生活援助(グループホーム):
    障害のある方に対して、共同生活を営む住居において、主に夜間に相談、入浴、排泄または食事の介護、その他の日常生活上の援助を行なう施設。平成26年4月より共同生活介護(ケアホーム)は共同生活援助(グループホーム)へ一元化された。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5710 / E-mail : ms-fukushi@jqa.jp

社会福祉法人南風会 ケアホーム南風 施設長さまのコメント

ケアホーム南風の紹介

当施設は、法人内(南風会)の障害者支援施設(青梅学園)を卒業された利用者4名で始まったケアホームが、2019年12月に現在の場所に移転し、利用者10名で再出発した新たなグループホームで、日中は、法人内の通所事業所へ通いながら毎日を過ごしています。 「自分でできることを増やそう」をモットーに、この1年半、さまざまなことにチャレンジし、皆さん一人ひとりに自信がついてきたように感じています。このケアホームが「自分の居場所」として楽しく、ホッとできる場所でいられるよう、利用者の方、スタッフ(支援員)とともに生活を作りあげていければと思っています。


第三者評価を受審してよかったこと

評価準備の段階から、どういったものが今のケアホームに足らないのかを考えていました。第三者評価を通じ、現在行っている支援が間違っていなかったこと、これからどういうことが必要であるかを知ることができました。特にマニュアル作成については、着手している部分にどのように枝葉を付けていけばよいかを教えていただき、方向性を見出すことができました。服薬のチェック体制についても、チェック表を複数回改善し、現在はより確認しやすいものができあがりました。


JQAの第三者評価を実施してみて

利用者の方が作った動物の
洗濯ばさみ。販売もしている

「第三者評価」=「監査」というイメージを抱きがちでしたが、利用者の方を含め、普段の私たちをフラットに見ていただき、安心して評価を受けることができました。新たな施設となり1年半、改めて客観的に業務を見直す機会となり、利用者の方のさらなる生活の質の向上はもちろん、スタッフが働いていく上でも風通しのよい職場を目指していこうと思いを新たにしました。
今回、利用者の皆さんは、調査員の方と個別でお話できたことが、とてもうれしかったようです。


今後の取り組みについて

まずは、第三者評価のなかで教えていただいたマニュアルの見直し・完成に向けて、スタッフとともによりよいものを作り上げていければと思います。そして、今後も利用者の方の個別のニーズを拾いながら、豊かな生活を送る手助けをしていきたいと思います。

社会福祉法人南風会 ケアホーム南風

1964年10月社会福祉法人南風会設立。
2009年10月ケアホーム南風開設。2019年12月に移転し、新たな施設としてスタート。
障害を持っている方に寄り添った以下の支援事業・障害福祉サービスを展開している。

  • 障害者支援施設
  • 生活介護事業
  • 就労継続支援B型事業
  • 自立訓練事業(生活訓練)
  • 共同生活援助事業
  • 相談支援事業所
  • 短期入所事業

また、地域生活支援事業として日中一時支援事業も行う。

 

ページの先頭へ