インド BIS強制登録の対象製品が拡大
~ 2020年10月1日から適用開始 ~

2020年4月24日
一般財団法人日本品質保証機構

MeitY(Ministry of Electronics and Information Technology / 電子情報技術省)は、2020年4月1日付けで、強制登録の対象※に下記の12品目を追加することを発表しました。この通知から6ヵ月間の移行期間が設けられますが、2020年10月1日からは適用が開始されます。

参考リンク(インド当局ホームページ)

追加対象品目(12品目)

  • 45 Standalone LED Modules for General Lighting
  • 46 Lighting Chain (Rope Lights)
  • 47 Keyboard
  • 48 Induction Stove
  • 49 Automatic Teller Cash dispensing machines
  • 50 USB Type External Hard Disk Drive
  • 51 Wireless Headphone and Earphone
  • 52 USB Type External Solid-State Storage Devices (above 256 GB capacity)
  • 53 Electronic Musical System with input power below 200 Watts
  • 54 Standalone Switch Mode Power Supplies (SMPS) with output voltage 48 V (max)
  • 55 Television other than Plasma/ LCD/LED TVs
  • 56 Rice Cooker

※現行では、IT/AVアダプター、プリンター、タブレット等の44品目が強制登録の対象となっています。2020年10月1日より、上記12品目もBIS登録が必要になります。

関連リンク(JQAホームページ)

当機構のインドBIS登録代行のサービスは、現地試験から登録までの一貫したサポートでご好評をいただいております。強制登録の対象製品をインドへ輸出されている皆さまは、ぜひ当機構のサービスをご利用ください。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 042-679-0246 / FAX : 042-647-0170
E-mail : jtp-safety-cstm@jqa.jp
TEL : 072-729-2244 / FAX : 072-728-6848
E-mail : kita-customers@jqa.jp

メール配信サービスのご紹介

当機構 総合製品安全部門では、国内および海外の規制に関する情報や各種セミナー案内などの最新情報を、お客さまにいち早くお届けするメール配信サービス(無料)を行っています。ぜひお気軽にご利用ください。