世界初、ISO 13482に基づく生活支援ロボットの認証
- パナソニック株式会社および株式会社ダイフクへ認証書を発行 -

2014年2月17日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構は、2月17日付で、パナソニック株式会社(以下、パナソニック社)および株式会社ダイフク(以下、ダイフク社)に対してISO 13482に基づく世界初*の認証を行いました。
認証の対象は、パナソニック社が製造した移動作業型ロボット「リショーネ®」とダイフク社が製造したロボティックデバイス「エリア管理システム」です。

ISO 13482 Robots and robotic devices - Safety requirements for personal care robotは、生活支援ロボット(パーソナルケアロボット)の安全性に関する唯一の国際規格として2014年2月1日に国際標準化機構(ISO)から発行されました。本規格の対象となる製品は、physical assistant robot(装着型)、mobile servant robot(移動作業型)およびperson carrier robot(搭乗型)などのロボットと、生活支援の用途で使用され、生活支援ロボットとして取り扱われるロボティックデバイスです。

当機構は、同規格の国内審議委員会等において国際標準化提案活動に参加すると共に、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「生活支援ロボット実用化プロジェクト」にも参加し、生活支援ロボットの認証手法を開発してきました。今回の認証には、生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果のひとつである生活支援ロボット安全検証センターにて試験を実施しました。

第三者認証機関である当機構が認証することにより、生活支援ロボットが国際規格による安全要求を満足していることを客観的に証明することができ、利用者などに対する安心と信頼性を高めることができると考えられます。
今後さまざまな、生活支援ロボットの開発と利用が予想されるなかで、第三者の立場で製品の安全性を評価する活動に注力してまいります。当機構による評価・認証にご興味のある方は、下記お問合せ先までご連絡ください。

関連リンク

JQAの生活支援ロボット認証マーク 【JQAの生活支援ロボット認証マーク】

* 世界初 : 2014年2月14日当機構調べ。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5450 / E-Mail : cert-scheme-dp@jqa.jp