ISO 39001認証取得の中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社に登録証を授与

2014年3月3日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構は、2月14日、中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:今井正平)の道路交通安全マネジメントシステムをISO 39001:2012に基づいて認証し、2月27日に登録証の授与式を行いました。登録活動範囲は次のとおりです。

高速道路に関する以下業務

  1. 交通管理
  2. 工事関係者様への安全講習
  3. お客様への交通安全指導

中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社 今井正平代表取締役社長(右)と当機構理事福井安広中日本ハイウェイ・パトロール 名古屋株式会社 今井正平 代表取締役社長(右)と
当機構理事 福井安広

ISO 39001は、道路交通事故による死者や重大な負傷者の発生根絶を目的とし、組織や企業が取り組むべき要求事項を定めたマネジメントシステム規格であり、2012年10月に発行されています。運輸事業者だけでなく自社製品を搬送する製造業者や大規模集客施設の運営業者など、道路交通安全にかかわるあらゆる産業の組織や企業が活用できます。

中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社

2007年10月設立。NEXCO中日本グループの一員として、愛知、岐阜、三重、滋賀、長野、福井、石川および富山の8県に存する東名高速、名神高速、中央道、北陸道、東名阪道、東海北陸道などの高速道路等において、道路巡回や異常事態発生時の交通規制、交通事故処理等の交通管理業務のほか、道路管制業務および法令違反車両取締等業務を行う。

今井正平 代表取締役社長のコメント

当社は、NEXCO中日本グループの一員として、「安全を何よりも優先し」高速道路をご利用いただくお客さまに、安心・快適な高速道路空間を提供するとともに、社員の安全性向上を図るため、長年蓄積してきた安全に関するノウハウや安全教育を活かし、日々高速道路上で発生する事故、故障、路上障害物等の異常事象の早期発見・対応に努め、更にはお客さまへの交通安全講習等を通じ各種安全性向上に積極的に取り組んでいます。
ISO39001の目的である「死亡事故・重大な負傷事故ゼロ」は、当社の基本理念および経営計画の達成目標に合致するものであり、お客さまと社員等の安全性向上に視点を置き、業務プロセスや安全管理体制、規準等が社会や時代の要請に適合しているか等についてPDCAを回し、安全性向上に寄与していきます。

関連リンク

ISO 39001キャンペーンマーク

道路交通安全ISO39001-JQA

当機構では、ISO 39001認証サービスの開始にあわせて、規格の普及・促進を目的としたキャンペーンを実施しております。
キャンペーンの一環として、当機構でISO 39001の認証を取得されたお客さまに、キャンペーンマークをデザインしたステッカーを無料で配布しています。複数のサイズをご用意しておりますので、社有車両の側面や事務所の入口など、用途に応じてご利用いただけます。

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5710 / E-mail : ms-inq@jqa.jp