GAP認証規格「GLOBALG.A.P.」認定取得のご案内

2022年4月19日
一般財団法人日本品質保証機構

このたび当機構は、GAP認証の国際規格 GLOBALG.A.P. の認証機関として、公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)より、国内初となる認定を取得いたしました。これにより、申込手続きから認証書発行まで一貫した審査サービスを当機構のみで行えるようになりました。

海外認証機関との提携作業が必要ないことから、日本語を中心とした審査の実施、認証書の早期発行および日本語版のご提供、そして日本の農業文化によりフィットする審査を行ってまいります。

また、既にJAB認定を取得しているJGAP/ASIAGAPとの、同一審査員による連続審査にも対応可能となっております。海外輸出向けにGLOBALG.A.P.認証、国内大手スーパー向けにJGAP認証の活用をご検討されているお客さまには、シームレスな審査サービスをご提供することが可能となっております。

農業の六次産業化に向け、マネジメントシステム認証規格との連続審査にもワンストップで対応できるサービスをご提供してまいります。

認証取得をご検討中のお客さまは、ぜひ当機構までお問い合わせください。

※六次産業化とは、一次産業としての農林漁業と、二次産業としての製造業、三次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取り組みです。詳しくは、農林水産省のWEBサイトをご覧ください。
農林水産省のWEBサイト

【参考】認定とは

企業・組織が認証機関から認証を取得するのと同じように、認証機関(JQA)も上位団体(JABなどの認定機関)より各規格の総合規則に基づく審査・認証を行う認証機関の能力、公平性などについて、ISO/IEC 17065などの国際基準の要求事項を満たしているかどうかの審査を受けて認定を取得します。認証機関は認定された範囲内で、認定マーク付きの登録証を発行することができ、認定マーク付きの登録証は、国内・国外問わず、より信頼性の高い登録証であることの証として認知されます。

関連リンク

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 03-4560-5652 / E-mail : gap@jqa.jp

ページの先頭へ