【募集要項】<個別参加型>
「2022年度 JIS直尺技能試験」

技能試験の実施概要

技能試験名称
(技能試験番号)
2022年度 JIS直尺技能試験
(JQA-PT-2022-013n [n=1~9] )

※技能試験番号の「n」は、お申し込みいただいた際に当機構にて1から9の数字を割り当てます。

技能試験項目 長さ
技能試験品目(仲介器) JIS直尺
技能試験品目(仲介器)の詳細 呼び寸法:1000 mm
実施可能な技能試験ポイント 1000 mm以下(上側、下側)

※目盛線の読取りは、目盛面のりょう(稜)から約0.2 mmの位置

参照機関の校正において想定される拡張不確かさ 0.07 mm(k=2
技能試験品目(仲介器)が対応するJCSS区分 登録に係る区分の名称 長さ
校正手法の区分の呼称 一次元寸法測定器
計量器等の種類 直尺(端面が基点のもの)
技能試験品目(仲介器)が対応するJAB区分 分類コード M13.6
分野(方法) 幾何学量
クラス(1) 線基準
クラス(2)
クラス(3)
技能試験品目(仲介器)の搬出日・搬入日 「技能試験日程及び技能試験品目回付に関する連絡書」にて、別途ご連絡いたします。
参照機関 一般財団法人 日本品質保証機構 中部試験センター
技能試験品目(仲介器)の持ち回り方法 参照機関 ⇒ 参加事業者 ⇒ 参照機関
技能試験報告書および技能試験判定結果報告書の発行予定時期 参加者からの技能試験品目(仲介器)搬出日から起算して20営業日以内
(中間報告書の発行はございません)
参加費用(税込) 167,200円
  • ※参加費用には、技能試験品目(仲介器)の輸送費が含まれています。
  • ※技能試験ポイントが3点を超える場合は、追加費用が発生します。
(技能試験報告書発行時に請求いたします)

参加要件について

参加要件は、以下のとおりです。

  • 上記「技能試験の実施概要」の「実施可能な技能試験ポイント」の中で、希望する技能試験ポイントにおいて、校正を実施するための手順を有し、校正の不確かさの算出が可能であること。
  • 本募集要項および技能試験参加申込書の別紙ご了承事項に同意いただけること。

お申し込みについて

事前に希望日程および技能試験ポイントの調整をさせていただいたうえで、以下の方法によりお申し込みをしていただきます。
詳細は、下記「お問い合わせ先」へ電話またはメールでお願いします。

申込書
申込方法 申込書に必要事項を入力いただき、記名押印または自署のうえ、メール添付にて keiryo-pt@jqa.jp までご送付ください。