台湾 –「発光ダイオード(LED)電球の検査基準の解釈と検査項目の関連規定」のお知らせ
~ 発行日:2020年3月19日 ~

2020年4月30日
一般財団法人日本品質保証機構

台湾で電気製品安全規制を管轄しているBSMI(経済部標準検験局)は、2020年3月19日付で「発光ダイオード(LED)電球の検査基準の解釈と検査項目の関連規定」を発表しましたのでお知らせいたします。

内容は以下の通りです。


経済部標準検査局令

発行日: 中華民国 109年3月19日(2020年3月19日)

発行番号: 号令第10930000800号

  1. 感知式発光ダイオード(以下「LED」という。)電球の検査基準であるCNS15630(2019年版)の検査項目は、同基準の第8項のLED電球の電気的特性(第8.6項のフリッカーを除く)、第9項の光出力(第9.3項の発光効率を除く)、第10項の測色特性(初期値のみ測定)である。

    製品に関して必要な表示項目は、規格第1表の(a)、(f)、(g)、(h)、(j)、(k)、及び(l)等の表示をし、未試験品については、製品本体、説明書、外箱に規格第1表の(b)、(c)、(d)、(e)、及び(i) 等の表示をしてはならない。

  2. 定格電力が60ワット以上のLED電球製品、またはCNS15436で指定されていないランプキャップの発光効率は、経済部標準検験局の関連規定に従い、ラベルの表示値に基づき評価される。発光効率の実測値は、表示値の90%未満であってはならない。

局 長 連錦漳

当機構は、台湾のBSMI等の認証の取得を、申請代行サービスとしてサポートいたします。台湾に電気製品を輸出されている、あるいは今後輸出を計画されている事業者さまは、ぜひ当機構までお問い合わせください。

また、各国の認証取得をサポートする申請代行サービスのほか、製品安全試験、EMC試験、無線試験、環境・信頼性試験などの各種試験なども承っておりますので、ぜひご利用ください。