新サービス
「高圧蒸気洗浄噴射試験(IPX9K / IPX9)および加圧飛水試験(IPX4K)」開始のお知らせ

2021年9月29日
一般財団法人日本品質保証機構

当機構、北関西試験センター(大阪府箕面市)は、新たにIP保護等級 IPX9K / IPX9(高圧蒸気洗浄噴射試験)およびIPX4K(加圧飛水試験)の試験を開始しました。

代表的な評価規格および試験方法

  • 車載・自動車部品規格: ISO 20653, JIS D 5020, DIN 400 50 Part 9 によるIPX9KおよびIPX4K
  • 電気機械器具規格: IEC 60529 によるIPX9
  • 保護等級IPX9K_IPX9での試験風景
  • 保護等級IPX4Kでの試験風景

可能な試験範囲および試験条件の概要

IP保護等級 寸法 WxDxH(mm) 重量(kg)
IPX9K/IPX9

高圧蒸気洗浄噴射試験

[試験条件の概要]
  • 回転台の速度:5±1rpm(12秒で1回転)
  • 試験品とノズルの距離:10~15cm
  • 噴射角度:垂直に対して0°、30°、60°または90°
  • 噴射時間:各位置で30秒間噴射(合計2分)
  • 水温:80±5℃
  • 流量:14~16L/min
  • 水圧:8,000~10,000 kPa(8~10MPa)
約300x300x300

※上記を超える場合も
別途ご相談ください。

50
IPX4K

過圧飛水試験

[試験条件の概要]
  • ノズル:旋回チューブ
  • ノズル直径:0.8mm(参考 IPX4: 0.4mm)
  • 流量:放水孔ごとに0.6L/min(中央孔で測定)
    (参考 IPX4: 0.1L/min)
  • 水圧:約400kPa(参考 IPX4: 約80kPa)
  • 試験品とノズルの距離:200mm以内
  • 放水方向:全方位
  • 放水時間:10分間
半径600mmの球に収まるもの 50

上記条件以外のIP試験をはじめ、各種試験設備を保有しています。
当機構の試験サービスをぜひご検討ください。