ベトナム - CR認証対象製品にLED照明製品追加のお知らせ
~ 2020年6月1日から順次適用開始 ~

2020年1月29日
一般財団法人日本品質保証機構

ベトナムで電気製品の安全/EMC規制を管轄しているMOST(Ministry of Science and Technology)は、2019年9月25日付で「No. 08/2019/TT-BKHCN」を発行し、2019年12月31日に施行しました。これにより、2020年6月1日からベトナムにおいて製造、輸入されるLED電球、LEDチューブ、LEDダウンライト、LED照明器具などの一般LED照明製品は、その技術基準である「QCVN 19:2019/BKHCN」への適合(電気安全およびEMC)とCR認証の取得が求められるようになります。

主な内容は以下の通りとなります。

  1. すでにベトナム市場において販売、輸入されているQCVN 19:2019/BKHCNに適合していないLED照明製品は、2022年6月1日まで流通可能とする。
  2. 2020年6月1日以降、対象となるLED照明製品はQCVN 19:2019/BKHCNの第2.1.1、2.1.2、2.1.3および2.2.1項への適合性に準拠すること。
  3. 2021年6月1日以降、対象となるLED照明製品はQCVN 19:2019/BKHCNの第2項の内容全ての適合性に準拠すること。

当機構は、ベトナムの安全/EMC規制であるCR認証、無線/EMC規制であるMIC Type Approvalおよび DoC、省エネ・ベトナムEnergy star等の認証の取得を、申請代行サービスとしてサポートいたします。ベトナムに電気製品を輸出されている、あるいは今後輸出を計画されている事業者さまは、ぜひ当機構までお問い合わせください。

また、各国の認証取得をサポートする申請代行サービスのほか、製品安全試験、EMC試験、無線試験、環境・信頼性試験などの各種試験なども承っておりますので、ぜひご利用ください。