日本電波法/4.9GHz無線アクセスシステムおよび5.2GHz無線LAN装置に係る法令改定のお知らせ
~ 2018年6月29日から適用開始 ~

2018年7月19日
一般財団法人日本品質保証機構

総務省は、2018年6月29日付で電波法施行規則等の一部を改正する省令等の改定について4.9GHzを使用する無線アクセスシステムと5.2GHzを使用する無線LANに係る法令の改正を発表しましたのでご案内いたします。

主な改正内容は以下の通りです。

  1. 5.2GHz帯を使用する無線LANの屋外利用が可能になり、最大出力が1Wとなった「5.2GHz帯高出力データ通信システム」が新たに追加されました。
  2. 「5.2GHz帯高出力データ通信システム」を用いた基地局と陸上移動中継局を登録局とし、陸上移動局を免許不要局として改定されました。
  3. 5GHz帯無線アクセスシステムの周波数のうち、使用期限が到来した5030-5091MHzが削除されました。

詳細内容は、官報および総務省ホームページをご参照ください。

参考リンク(インターネット版官報および総務省ホームページ)

当機構は、日本の電波法に基づく技術基準適合証明および工事設計認証をはじめ、電気用品安全法(PSEマーク)に基づく適合証明書、医薬品医療機器等法に基づく医療機器認証等の認証を発行しております。また、製品安全や無線通信などの世界各国の認証取得をサポートする申請代行サービスも承っておりますので、ぜひご利用ください。

関連リンク(JQAホームページ)

お問い合わせ先

一般財団法人日本品質保証機構

TEL : 042-679-0246 / FAX : 042-647-0170
E-mail : jtp-safety-cstm@jqa.jp
TEL : 072-729-2244 / FAX : 072-728-6848
E-mail : kita-customers@jqa.jp

メール配信サービスのご紹介

当機構 総合製品安全部門では、国内および海外の規制に関する情報や各種セミナー案内などの最新情報を、お客さまにいち早くお届けするメール配信サービス(無料)を行っています。ぜひお気軽にご利用ください。