建設材料等の試験

鉄筋引張試験状況
コンクリート圧縮試験状況

都市の過密化や高層化が一段と進んできた近年、地震等の災害から建築物の安全性を確保することが、 ますます重要視されています。

当機構は、1979年(昭和54年)より中立公正な第三者試験機関として、圧接溶接継手および鋼材の強度試験、コンクリートの強度試験および骨材等の試験を行っています。
(下記内容以外の試験につきましても、お問い合わせください。)

1.建設材料試験

圧接・溶接継手および鋼材試験 引張試験、曲げ試験、形状寸法試験、溶接部のマクロ試験
セメントミルク・モルタル・コンクリート試験 圧縮試験、曲げ試験、引張試験、静弾性係数試験、乾燥収縮試験、曲げじん性試験
骨材試験(溶融スラグも含む) アルカリシリカ反応性試験(化学法、モルタルバー法、迅速法)、ふるい分け、単位容積質量及び実積率、すりへり、軟石量、 微粒分量試験(洗い)、粘土塊、密度1.95g/cm3の液体に浮く粒子、安定性、有機不純物、粒形判定実積率、塩化物量
練混ぜに用いる水の試験 懸濁物質の量、溶解性蒸発残留物の量、塩化物イオン量、セメントの凝結時間の差、モルタルの圧縮強さの比、水素イオン濃度(pH)、空気量の増分
土質試験 土粒子の密度試験、土の含水比試験、修正CBR試験、設計CBR試験、pH試験、土の粒度試験、液性・塑性限界試験、コーン指数試験、一軸圧縮試験

2.コンクリート構造物の診断業務に係る試験・調査

コンクリートコア試験 圧縮試験、静弾性係数試験、中性化試験、配合推定試験、塩分含有量試験、アルカリシリカ反応性試験

ページの先頭へ