マネジメントシステム統合プログラム

マネジメントシステムを組織に合わせてカスタマイズ

統合プログラム

マネジメントシステムで管理する経営情報を一元化し、課題に対して迅速かつ適切な意思決定を

マネジメントシステムは、さまざまな組織において事業戦略を実現するために採用されています。しかしISO 9001、ISO 14001、ISO 27001などのマネジメントシステム規格は、それぞれの分野の専門委員会がその分野ごとに最適化をめざして開発されたものであり、発行時期だけでなく規格構成や用語などが異なることもありました。そのため、複数のマネジメントシステムを使って事業を展開している組織では、マネジメントステムを別々に運用していることも珍しくありません。
こうしたなか、2012年からマネジメントシステム間の整合性を高めるための取り組みが始まっており、複数のマネジメントシステムを統合利用する環境が整ってきました。これは、マネジメントシステムを組織に合わせてカスタマイズし、組織全体の事業目標やビジョンの実現に直結させ、経営情報を一元管理し、事業環境の変化に対して迅速かつ適切な意思決定でパフォーマンスを高めるチャンスです。
当機構はマネジメントシステムを統合する組織をサポートするサービスを開始しました。

JQAがご提供する「マネジメントシステム統合プログラム」

マネジメントシステム統合プログラムは、複数マネジメントシステムの統合に向けて、ステップ・バイ・ステップでお客さまをサポートするJQA独自のサービスです。
マネジメントシステム間の共通の度合い(統合度)は組織によってさまざまです。そこで、マネジメントシステム統合プログラムでは、「ステージⅠ」「ステージⅡ」「プレミアム・ステージ」の3段階の統合ステージを用意し、それぞれの段階に向けたサポートをJQAがご提供することで、マネジメントシステムの統合を進めていただくことができます。

マネジメントシステム統合プログラムの概要

【トータルコスト>パフォーマンス】統合プログラム参加(個別運用) ステージI(効率的な管理) ステージII(トレードオフ全体最適) プレミアム・ステージ(リスク低減、パフォーマンス向上、望む成果の達成)【トータルコスト<パフォーマンス】 JQAによるサポート

マネジメントシステム統合プログラムのサポート内容

複数のマネジメントシステムを運用している組織がマネジメントシステムを統合することは、事業運営上のさまざまな課題を一元化した仕組みで対応できることにつながり、従業員が分かりやすく、経営層が使いやすいシステムとなります。
これにより「事業目標やビジョンの実現に直結するマネジメントシステム」となり、さらには「これからの事業環境の変化に即応できる“足腰の強い”マネジメントシステム」となります。
また、統合を進めることは、さまざまな重複を解消することでもあり、コスト削減にもつながります。

サポート1統合度の評価基準を提供

マネジメントシステムの統合に関する国際的なルールをベースとした、JQA独自の統合度評価基準をご提供します。この評価基準をもとに自己チェックいただくことで、現状の統合度をわかりやすく把握いただくことができます。

※評価基準の詳細は個別にご紹介しますので、お気軽にJQAまでお問い合わせください。

統合度の評価基準と各ステージのイメージ

拡大する

【評価基準】統合プログラム参加:マネジメントシステムの統合を図り始めている ステージI:マネジメントシステムの統合を図る上で、基本となる事項を満たしている ステージII:統合マネジメントシステムとしての管理体制・仕組みが完成し、所期の結果が得られている プレミアム・ステージ:完成された統合システムを効果的に運用し、各規格のもつ利点の相互利用や相乗効果の活用によって、高いレベルでの事業目標の達成やパフォーマンス向上が図られている 1責任権限/2方針・目標管理/3文書化した情報/4プロセス・業務管理/5内部監査/6マネジメントレビュー/7是正処置などの改善活動 成果・有効性・効率

サポート2複数規格を1回で審査。さらに、統合を円滑に進めるヒントを提供

複数規格を1回で審査することで工数やコストを削減

各規格の審査を、異なる日程・異なる審査員で行うのではなく、同じ日程・同じ審査員で1回にまとめて行います。
同じ日程に審査をまとめることで、規格間で共通する部分をあわせて審査することによる効率化を図ることができ、審査工数の削減につながります。
また、審査員が訪問する回数が減るため、組織における審査準備や審査対応の負担を軽減できます。さらに、同じ審査員が審査を担当することで、各規格を審査する視点が統一され、規格間のバランスを考慮した審査を行うことができます。

各規格の審査を、同じ日程・同じ審査員で1回にまとめるイメージ

4月ISO 9001審査 5月ISO 14001審査 6月ISO 27001審査 ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001全て1回にまとめて審査

統合を円滑に進めるヒントを提供

審査では、各規格の要求事項に基づいた適合性・有効性の評価と同時に、統合度の評価基準を用いて統合度を評価します。統合度の評価結果と該当する統合ステージは審査報告書でご提示し、さらに統合のステージアップに向けたヒントをご提供します。
実際の運用状況を確認したうえで、統合を進めるためのヒントをご提供しますので、組織の実態にあった、有用な情報となります。ヒントを活用し統合を進めることで、マネジメントシステムの維持・管理作業にかかる内部コストの削減、さらには、わかりやすく使いやすい仕組みへと改善することができます。

統合プログラムの審査のイメージ

規格要求事項:ISO 9001/ISO 14001/ISO 27001/OHSAS 18001… 統合度評価基準:1責任・権限/2方針・目標管理/3文書化した情報/4プロセス・業務管理/5内部監査/6マネジメントレビュー/7是正処置などの改善活動 ISO 9001/ISO 14001/ISO 27001 各規格要求事項と統合度を審査 審査報告書:各規格の要求事項に基づく適合性・有効性の評価結果/統合度の評価結果と統合ステージ/統合を進めるためのヒント/統合度の確認結果に基づいた次回審査工数 審査報告書を発行

サポート3統合をフォローする情報提供

統合を進めていくためには、統合の基本的な考え方の習得や規格要求事項の理解向上のほか、文書の見直しや内部監査方法の改善など、実施事項は多岐にわたります。JQAはこのようなお客さまの状況に応じた情報を提供し、統合へ向けた取り組みを支援します。

  • 統合をテーマとした各種セミナーの開催
  • 統合に取り組む組織の事例紹介
  • 規格解釈や、統合に関するお悩みに審査員がお応えする業務相談 など

また、お客さまがスムーズに統合プログラムに参加し、審査を受け、さらに日々の運用を進めていただくために、JQAはきめ細やかな支援を行います。

  • 統合プログラムの内容や各種手続き方法のわかりやすいご案内
  • ご希望に沿った審査日程のご提案と調整
  • 複数規格のご登録の維持に関する適切なご案内 など

活用事例

関連リンク

ページの先頭へ