マネジメントシステム統合プログラム

統合プログラムの流れ

拡大する

お問い合わせ:[お客さま]マネジメントシステム統合プログラムの内容や手続き方法のご案内(※1)[JQA]JQAへお問い合わせ(※2) お申込み:[お客さま]申込書への記入 申込書(希望ステージ、規格の組み合せ、審査実施時期(※3))、調査票への記入と関連文書類の準備(統合度の評価基準を提供) 調査票(責任・権限の現状、方針・目標管理の現状、文書化した情報の現状、プロセス・業務管理の現状、内部監査の現状、マネジメントレビューの現状、是正処置等の現状) [JQA]JQAのサポート1 [お客さま]申込書・調査票および関連文書類の提出 [JQA]受付、統合度をレビューし審査工数を算定(※4)、算定した審査工数に基づいた審査日程をご案内 [お客さま]審査日程の確認・合意 運用:[JQA]統合をフォローする情報提供(セミナー・業務相談など) JQAのサポート3 [お客さま]統合を含めたマネジメントシステムの運用・改善 審査:[JQA]審査計画の提出 [お客さま]審査計画の確認・合意 審査(複数規格を1回で審査し、さらに統合を進めるヒントを提出) JQAのサポート2 審査報告書(各規格の要求事項に基づく適合性・有効性の評価結果、統合度の評価結果と統合ステージ、統合を進めるためのヒント、統合度の確認結果に基づいた次回審査工数) 登録証(登録/更新/変更審査がある場合、該当する規格の登録証を発行) 運用:[JQA]統合をフォローする情報提供(セミナー・業務相談など) JQAのサポート3 [お客さま]統合を含めたマネジメントシステムの運用・改善 次回以降の審査:審査(複数規格を1回で審査し、さらに統合を進めるヒントを提供) JQAのサポート2 審査報告書(各規格の要求事項に基づく適合性・有効性の評価結果、統合度の評価結果と統合ステージ、統合度を進めるためのヒント、統合度の確認結果に基づいた次回審査工数) 登録証(登録/更新/変更審査がある場合、該当する規格の登録証を発行)

各ステージで定める条件を満たした場合、ご希望により統合ステージ証明書を有料にて発行します。プレミアム・ステージの場合はすべての組織に発行します。※5

  • ※1 お問い合わせ時点では、統合へ向けた活動が進んでいる必要はなく、ご検討段階でも結構です。まずはお気軽にお問い合わせください。
  • ※2 次の場合は、別途手続き方法をご案内します。
    • これから新たに認証を取得する規格との組み合わせをご希望の場合(新規登録方法のご案内)
    • 当機構と異なる機関で認証を取得している規格との組み合わせをご希望の場合(登録切替え方法のご案内)
  • ※3 審査時期の合わせ方は、組み合わせる規格の審査種類(登録・定期・更新)によって異なりますので、ご不明な場合は当機構にお問い合わせください。
  • ※4 新たに認証を取得する規格との組み合わせの場合、登録ファーストステージ審査において統合度をレビューし、登録セカンドステージ審査の工数を決定します。
  • ※5 本プログラムは、企業間の事業レベルを評価・判定するものではありません。“マネジメントシステムの統合”と組織自らが意図した“マネジメントシステムによる成果の達成度合い”の観点から統合のメリットを感じていただくために各ステージを設定しています。

ページの先頭へ