ISO 22000(食品安全)

概要

ISO 22000

衛生面を含めた食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格

ISO 22000は食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。
HACCPの食品衛生管理手法をもとに食品安全のリスクを低減し、安全なフードサプライチェーンの展開を実現します。

対象組織

フードチェーンに関与する全ての組織(食品製造業およびそのサービス供給者を含む)

規格の特徴

  • HACCPの内容を全て含み、さらにマネジメントシステムの要素が加味された国際規格
  • サプライチェーン全体を対象としており、幅広い適用範囲を意図する内容

規格の狙い

ISO 22000は、次の点を実現するための要求事項を定めています。

  • 消費者に安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムの確立

認証取得の効果

  • 食品の安全な提供に関するリスクの低減
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 海外企業を含む取引要件の達成

FSSC 22000、ISO 9001-HACCPとの関係

ISO 22000とFSSC 22000、ISO 9001-HACCPとの関係は下図のようになります。

ISO 22000とFSSC 22000、ISO 9001-HACCPとの関係

規格の構成

ISO 22000の構成は次のとおりです。

ISO 22000の構成

関連リンク

ページの先頭へ