ISO 22000(食品安全)

概要

ISO 22000

食品安全に関するリスクを低減し顧客からの信頼を高めます

ISO 22000は、HACCPの食品衛生管理手法をもとに、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格です。

ISO 22000審査を行うことで、食品の安全な提供にまつわるさまざまなリスクを低減し、顧客からの信頼を獲得できます。

ISO 22000審査によるメリット

食品の安全な提供に関するリスク低減による顧客からの信頼向上が実現できるほか、さまざまな効果が期待できます。

  • 食品安全のリスク低減を通じた顧客からの信頼獲得
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 海外企業を含む取引要件の達成
  • 企業競争力の強化
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • KPI(キーパフォーマンス指標)の管理
  • リスクマネジメント

対象組織:食品産業のサプライチェーン

豊富な知見を持つ審査員が、組織の価値向上につながる審査を実施

当機構では、食品関係組織およびそのサプライチェーンにおけるISO 9001やISO 14001で数多くの審査登録実績で得た知見を、すべての審査員が共有しています。また、1999年からは、当機構が独自に開発したISO 9001-HACCP審査サービスの提供を通じて、食品安全マネジメントシステム(FSMS)についての審査ノウハウを蓄積してきました。こうした強みを活かした質の高い審査を行うことにより、お客さまは組織の価値向上や顧客からの信頼獲得が可能です。

JQAのISO 22000審査で重視しているポイント

(1)ハザード(危害要因)分析

  • 生物的、化学的、物理的な食品安全ハザードが、明確に管理されているかに重点を置きます。
  • 食品安全ハザードが許容限界を超えないように、管理の仕組み(HACCPプランまたはオペレーションPRP(O-PRP))がとられているかを審査します。

(2)現場審査

  • 文書類で規定された仕組みと、現場での業務が整合しているかを確認します。
  • 作成されたフローダイアグラムに整合した工程の管理と、その工程内のハザードが現場において適切に管理されているかを審査します。

(3)マネジメントシステムの有効性

  • 構築された食品安全マネジメントシステム(FSMS)がPDCAサイクルに基づいて継続的に改善・更新されているかを審査します。
  • マネジメントシステムを運用して達成された結果(パフォーマンス)と仕組み(システム)の両面から有効性を検証します。

関連リンク

ページの先頭へ