ISO 22301(事業継続)

概要

ISO 22301

さまざまな脅威から事業を守り早期の復旧と再開を実現するためのマネジメントシステム規格

ISO 22301は、事業継続マネジメントシステム(BCMS)に関する国際規格です。
地震・洪水・台風などの自然災害をはじめ、システムトラブル・感染症の流行・停電・火災といった事業継続に対する潜在的な脅威に備えて、効率的かつ効果的な対策を行うための包括的な枠組みを示しています。

対象組織

業種・業態を問わず、あらゆる組織が利用し、認証を取得することができます。

規格の狙い

ISO 22301は、次の3点を実現するための要求事項を定めています。

  • 事業の中断・阻害を引き起こす事象への組織的な対応策の構築および運用
  • BCMSのパフォーマンスおよび有効性の監視・レビュー
  • 継続的改善

認証取得の効果

  • リスクマネジメント
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 海外企業を含む取引要件の達成

規格の構成

ISO 22301の構成は次のとおりです。

規格の構成

規格の構成PDCA

活用事例

関連リンク

ページの先頭へ