ISO 14001(環境)

概要

ISO 14001

社会的価値向上を目指す組織における環境マネジメントシステムの効果を高めます

ISO 14001は、サステナビリティ(持続可能性)の考えのもと、環境リスクの低減および環境への貢献と経営の両立を目指す環境マネジメントシステムの国際規格です。

ISO 14001審査を行うことで、お客さまは運用している環境マネジメントシステムの効果を高めることができ、システム改善の“気づき”を得ることができます。

ISO 14001審査によるメリット

環境と経営の両立を目指す取り組みを通じて、環境リスクの低減・回避や省エネ省資源に伴うコスト削減が期待できるほか、さまざまな効果が期待できます。

  • 環境リスクの低減・回避
  • 省エネルギー省資源によるコスト削減
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 海外企業を含む取引要件の達成
  • 企業競争力の強化
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • KPI(キーパフォーマンス指標)の管理
  • リスクマネジメント

対象組織:製造、サービスなどあらゆる業種

ベストプラクティスを知る審査員が、社会的信頼の維持・向上に役立つ審査を実施

当機構は、これまでに有力組織の優れた環境マネジメントシステムと接してきた経験や、築き上げたベストプラクティスから、常にステークホルダーの視点に立つことを心がけています。
各審査員は審査のための審査ではなく、業務プロセスや現場を重視した審査を行い、さらに、環境マネジメントシステムの成熟度を考慮した、EMSステップアップ診断などの提案も行います。

社会的信頼の維持・向上に役立てるだけでなく、環境パフォーマンスの改善に取り組む組織やご担当者様は、視野を広げる“気づき”を得ることができます。

JQAのISO 14001審査で重視しているポイント

(1)業務プロセスの重視

  • 単に規格要求事項に適合しているかではなく、業務プロセスを重視して審査します。
  • 業種特性に配慮して審査します。
  • 業務の流れの中で環境マネジメントシステムが運用されているか、現場を重視して審査します。

(2)システムの妥当性、有効性

  • 継続的改善を実現するために、システムの妥当性、有効性に重点を置いて審査します。
  • 全体の仕組みの改善とつながりを重視して、パフォーマンス向上に結びつく審査を行います。

(3)ステークホルダーの視点

  • ステークホルダーの視点から、システムを見ることにより客観性・公平性の高い審査を提供します。
  • 組織の環境マネジメントシステムへの信頼性と、価値の向上に結びつく審査を行います。
  • 第三者の視点から、組織内にある各プロセスの相互関係と全体像に注目し、審査を通じて“気づき”を提供します。
  • システム改善にフィードバックがあり、企業経営に役立つ審査を行います。

活用事例

関連リンク

ページの先頭へ