グリーンエネルギー認証

グリーンエネルギー認証とは

グリーンエネルギー認証とは、環境への負荷が小さなエネルギーに関する認証および調査研究を行うことを通じて、グリーンエネルギーの普及拡大による地球環境の保全ならびに国民経済の健全な発展と国民生活の安定に寄与することを目的としています。

当機構は、資源エネルギー庁の「グリーン電力証書ガイドライン(2008年6月)」に基づき、グリーンエネルギーによる環境価値の認証を行うことにより、グリーンエネルギーに対する社会的認知度の向上やグリーンエネルギーの環境価値の取引における信頼度の向上に努めています。

資料ダウンロード

1. 事業内容

当機構はこの目的を達成するため、以下の事業を行っています。

  1. グリーンエネルギーに関する認証基準の策定、管理
  2. グリーンエネルギーの申請に対する確認、認証
  3. グリーンエネルギーに関する認証状況の公開
  4. グリーンエネルギーに関する調査研究
  5. グリーンエネルギーに関する普及促進活動 など

2. グリーン電力

グリーン電力価値の証書制度(グリーン電力証書制度)とは、自然エネルギーにより発電された電気のもつグリーン電力の環境価値の保有を希望する需要家が、電気自体とは切り離されたグリーン電力価値を証書等の形で保有し、その事実を広く社会に向けて公表できる仕組みです。

この制度の目的は、以下の通りです。

  • 本制度を通じてグリーン電力価値を保有することにより、グリーン電力発電設備を自ら保有することが困難な企業・自治体等の環境対策に貢献する。
  • 発電者が保有するグリーン電力価値が移転されることを通じて、グリーン電力発電設備の建設・維持・拡大に貢献することとなり、ひいては日本におけるグリーン電力の導入に貢献する。

グリーン電力証書制度の広がりの中で最も重要なことは、「特定の基準を充たした発電設備」によって取引されるグリーン電力価値が、「実際に発電」されていることを、「公平な立場の機関」が「認証」することです。
この役割を担うのが当機構です。

資料ダウンロード

3. グリーン熱

グリーン熱価値の証書制度(グリーン熱証書制度)についても、上記のグリーン電力の考え方に基づき、2009年(平成21年)4月から開始されています。

グリーンエネルギー認証機関マーク

新聞・雑誌・書籍およびホームページ等において、グリーンエネルギー認証の紹介や認証機関マークの掲載、当サイトへのリンクをご希望の場合は、当機構まで、事前にご連絡ください。

グリーンエネルギー認証機関マーク グリーンエネルギー認証機関マーク

グリーン・エネルギー・マーク

グリーン・エネルギー・マークは、製品の製造等に必要な電力をグリーン電力で賄ったことを製品に添付して表現するマークです。グリーン電力の普及拡大を図るとともに、消費者がグリーン電力を使用した製品を信頼して購入できるように、2008年(平成20年)5月に制定されました。
なお、製造過程にグリーン電力を使用した製品に「グリーン・エネルギー・マーク」を貼付する場合、マーク使用料について税務上の損金算入が可能です。

グリーン・エネルギー・マーク

グリーン・エネルギー・マークの使用手続き

4. 運営体制

当機構は、設立目的を達成するために、当機構が行う活動に関する重要事項を審議し、かつ行政庁が定めるガイドライン等に準拠して認証活動が公平、中立、透明、非差別的に行われているかを監視する機関として、諮問委員会を設置しています。

また、認証業務を円滑に遂行するために、専門的見地から意見を求めることを目的として、グリーンエネルギー証書制度協議会を設置するとともに、電力量認証料、設備認定料および年間登録料を規定する料金規定を審議するために、申請者会合を設置しています。

運営体制図

5. グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度(検証業務)

※証書を温対法において活用する際には、グリーンエネルギー証書制度とは別の資源エネルギー庁と環境省が運営する本認証制度により認証を取得する必要があります。

「グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度」は、民間で取引されているグリーン電力証書およびグリーン熱証書について、証書のCO2排出削減価値を国が認証することにより、地球温暖化対策推進法に基づく算定・報告・公表制度における国内認証排出削減量として活用できるようにするもので、資源エネルギー庁および環境省により2012年(平成24年)1月に創設されたものです。当機構は、本制度における検証機関としての登録を受け、検証業務等の活動を行っています。

関連リンク

ページの先頭へ