JQA 一般財団法人日本品質保証機構

OHSAS 18001(労働安全衛生)

労働安全衛生に対する姿勢を示し、従業員や社会からの信頼を高めます

印刷する

  • 概要
  • 審査登録の流れ
  • よくあるご質問

概要

OHSAS 18001は、組織が労働安全衛生に対する自らの姿勢を従業員と社会に示すことができるマネジメントシステム規格です。ISO化されていませんが、国際的に広く採用されています。

OHSAS 18001審査を行うことで、自主的に労働安全衛生に取り組む姿勢を示すことができるだけではなく、労働災害リスクを低減し、従業員や社会からの信頼獲得、組織の価値向上を実現できます。

OHSAS 18001審査によるメリット

従業員の満足度やモチベーション向上、良好な職場環境の構築のほか、さまざまな効果が期待できます。

  • 従業員の満足度やモチベーション向上
  • 良好な職場環境の構築
  • 社会的信頼の獲得
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 海外企業を含む取引要件の達成
  • 企業競争力の強化
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • リスクマネジメント

対象組織:製造、サービスなどあらゆる業種

専門的かつ客観的な審査で、従業員の安全性確保につながる審査を実施

JQAは、第三者認証機関として最も多くのOHSAS 18001の審査実績を有し、豊富な審査員を擁しています。こうした強みを活かした専門的かつ客観的な審査により、お客さまは慣れにより見逃しがちになっていた労働安全衛生リスク要因を、自身で見つけ出せる“気づき”を得ることができます。また、従業員の安全性確保と生産性向上、組織の社会的な信頼の獲得が実現できます。

JQAのOHSAS 18001審査で重視しているポイント

(1)リスク評価

  • 業種特性に配慮した柔軟な審査を行い、組織特性に適応したリスク評価がされているかを審査します。
  • 組織のリスク管理の方針に基づき、労働安全衛生リスクの低減がはかられているか、新たなリスク要因、例えば、ヒヤリハットのような“危険の芽”を組織が自ら見出す仕組みが構築されているかどうかに注目します。

(2)PDCAサイクル

  • 真に組織の目的を果たす仕組みとして、PDCAサイクルが機能し、構築された労働安全衛生マネジメントシステムが継続的に改善されているかを審査します。
  • PDCAサイクルを有効に回して継続的な改善を行う中で、組織が自律性を身に付けているかを審査します。

(3)現場審査

  • 労働安全衛生管理が、日常の業務活動の中で持続的かつ継続的に行われているかを審査します。
  • 事業所や現場で働く従業員が“慣れ”に潜むリスクを認識し、継続的改善に取り組んでいるかに注目します。
  • お見積り
  • 資料請求・お問合せ