食品産業向けサービス

食品産業では、消費者に安全な食品を届けるための食品トレーサビリティやHACCPシステムなどの食品安全管理システムの構築が求められています。
私たちJQAは、公正・中立な第三者機関として、食品産業に関わるお客さまの発展と信頼を支えるトータルソリューションを提供しています。

GFSI承認規格による認証(FSSC 22000、JFS-C)

GFSI(Global Food Safety Initiative)によって、ベンチマーク規格として承認されているFSSC 22000、JFS-Cは、加工食品を海外に輸出する企業のパスポートのようなものです。当機構はISO認証で培った豊富な知見とノウハウをもとに、食品企業の信頼性向上に寄与する審査サービスを行っています。

マネジメントシステム認証(ISO 9001、ISO 22000ほか)

ISO 9001をはじめとするマネジメントシステム規格は、組織の管理ツールとして国際的に普及しています。国内最多の認証実績を誇る当機構では、ISO 9001(品質)やISO 22000(食品安全)など食品の品質保持に欠かせないマネジメントシステム認証を行っています。さらに豊富な審査経験とノウハウをもとに、マネジメントシステムに関わる教育・支援も行っています。

ISO 9001 ISO 14001 ISO 22000 ISO 22301

農業生産工程管理(JGAP・ASIAGAP)

GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは、食品安全・環境保全・労働安全等の持続可能性を確保しながら農産物の生産を行うための取り組みのことです。GAPに取り組むことで、持続可能性の確保だけでなく、農産物の品質の向上、農業経営の改善や効率化、消費者や取引先からの信頼性の向上などの効果も期待されます。

計測器の校正・計量器の検定

商品開発や加工・製造ライン、検査等で用いられる計測器は、経年変化等により本来示すべき値と表示された値に差が生じてきます。食品の安全性や品質を担保するためには、この差を「校正」により確認し、計測器の状態を正しく把握する必要があります。当機構は、ISO/IEC 17025の要求事項を満たした校正機関としてIAJapan(JCSS)および米国試験所認定協会(A2LA)から認定されており、幅広い分野の計測器の校正を行っています。また、計量法に定められた特定計量器(騒音計・振動レベル計・濃度計)の検定も行っています。

機能安全評価

少子高齢化による労働力不足の解決策としてロボットによる労働作業の自動化が進んでいます。これに伴ってさまざまな製品やシステム向けの機能安全規格が続々と発行されています。当機構では、産業ロボット(ISO 10218)やサービスロボット(ISO 13482)などの機能安全評価・認証を行っています。

信頼性試験(各種環境試験)

品質の向上および質の高い製品を継続して市場に提供することなどを目的として製品の性能を評価する信頼性試験の必要性が高まっています。当機構では、恒温恒湿・冷熱衝撃・振動・衝撃・防水・防塵・塩水噴霧・引張・曲げなど、各種製品、金属材料等の耐久性を確認する試験を行っています。

  • 大型恒温恒湿室大型恒温恒湿室
  • 大型振動衝撃試験機大型振動衝撃試験機
  • シャルピー衝撃試験機シャルピー衝撃試験機

その他サービス

当機構では、産業標準化法に基づくJISマーク認証や各社が取り組む環境活動の支援、電気製品等の安全試験、建設材料等の試験・検査などのサービスを行っています。

ページの先頭へ