福祉サービス第三者評価

概要

福祉サービス第三者評価

福祉事業者が提供するサービスの質を専門的・客観的な立場から総合的に評価、 サービスの質の向上に貢献

保育所や高齢者施設、障害者施設などの福祉事業者が提供するサービスの質を、公正・中立な第三者機関が、専門的・客観的な立場から総合的に評価します。第三者の目から見た評価結果を利用者や事業者に幅広く公表することで、利用者への情報提供を行うとともに、サービスの質の向上に向けた事業者の取り組みを促し、利用者本位の福祉の実現を目指すものです。
当機構は東京都福祉サービス第三者評価機関として認証を受けており、ISO 9001などの審査で培った豊富な経験を活かしたきめ細やかな評価を実施します。

■東京都福祉サービス第三者評価機関 認証番号 機構16-236

対象組織

東京都(23区市町村)内に所在する下記の福祉施設が対象です。

  • 保育所
  • 高齢者施設
  • 障害者施設

メリット

  • サービスの質を改善するための新たな「気づき」が得られます。
  • 事業所の特徴、強みを対外的にアピールできます。
  • 利用者の声・思いを把握できます。

評価方法

東京都福祉サービス評価推進機構方式により、下記3種類の方法で評価を行います。

職員全員による自己評価を実施します。 利用者のサービスに対する移行や満足度を確認します。 事業所を訪問し、第三者による客観的な確認を行います。
職員全員による自己評価を実施します。 利用者のサービスに対する意向や満足度を確認します。 事業所を訪問し、第三者による客観的な確認を行います。

関連リンク

ページの先頭へ