CDM(クリーン開発メカニズム)

CERが発行されるまでの流れ

Validation(有効化審査)

Validationとは、独立した第三者機関(指定運営組織=DOE)が、プロジェクト参加者の作成したプロジェクト設計書(PDD)を基に、CDMプロジェクトとして有効かどうかを評価・判断する審査のことです。DOEによるValidationが有効とみなされたあとに、CDM理事会によって正式なCDMプロジェクトとして登録されます。

Verificaiton/Certification(検証/認証)

Periodic Verification(検証・認証)は、CDM理事会にCDMプロジェクト活動として登録され、実施されているプロジェクト活動の温室効果ガス排出量の定期的な検証のことです。

ページの先頭へ