ISO 45001・OHSAS 18001(労働安全衛生)

概要

ISO 45001

労働安全衛生におけるリスクを除去または最小化するためのマネジメントシステム規格

ISO 45001およびOHSAS 18001は、労働安全衛生マネジメントシステムに関する規格です。
あらゆる職場において、安全な労働環境を整えるための枠組みを示しています。

ISO 45001の発行およびOHSAS 18001の取り扱いについて

労働安全衛生の初の国際規格ISO 45001が、2018年3月12日に発行されました。

現在国内には、OHSAS 18001や厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムの指針」、中央労働災害防止協会などの業界団体が定めるガイドラインをはじめ、多くの標準(規格類)が存在しており、初の国際規格に注目が集まっています。

ISO 45001には、ISO 9001の2015年版などと同様、共通テキスト(Annex SL)が採用されています。つまり他のISO規格との整合性・両立性があるため、すでにISO認証を取得している組織は、労働安全衛生システムを比較的容易に構築することができます。

当機構は2018年4月からISO 45001の審査を開始しました。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

OHSAS 18001の新規認証取得につきましては、2019年10月まで申し込みを受け付けますが、2021年3月をもってOHSAS 18001は失効となりますのでご注意ください。

今後の予定

ISO 45001 OHSAS 18001
2018年1月 新規申込受付開始
2018年3月 IS発行
2018年4月 審査サービス提供開始
2019年10月 新規認証取得申し込み受付終了
2021年3月 登録失効

以下、ISO 45001についてご案内します。

対象組織

業種・業態を問わず、あらゆる組織が利用し、認証を取得することができます。

規格の狙い

ISO 45001は、次の点を実現するための労働安全衛生マネジメントシステムの要求事項を定めています。

  • 労働安全衛生パフォーマンスを向上させる
  • 労働に関連する負傷および疾病を防止する
  • 安全で健康的な職場を提供する

認証取得の効果

  • 良好な職場環境の構築
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 従業員の満足度やモチベーション向上
  • 社会的信頼の獲得
  • 海外企業を含む取引要件の達成
  • 企業競争力の強化

規格の構成

ISO 45001の構成は次のとおりです。
※2017年11月30日発行FDISに基づく

規格の構成

PDCAサイクル

関連リンク

ページの先頭へ