S-JQAマーク認証
(認証制度業務)

概要

JQAが認証する電気製品の安心のマーク

Sマークは、製造事業者や輸入事業者が第三者の認証を受けた電気製品に表示できる安全マークです。 当機構は、電気製品認証協議会(SCEA)が運営する第三者認証制度の認証機関として、安全性を確認するための製品試験および工場の品質管理の調査を行っています。この制度に基づいて認証された製品には、「S-JQAマーク」を表示することができます。

  • 国内外を問わず電気製品・電子製品、部品などの製造、輸入または販売を行っている全ての事業者の方がお申し込みできます。
  • 電気用品安全法における技術基準への適合性評価を行うとともに、製品によっては電気製品認証協議会(SCEA)が採用した追加基準による評価も行います。また、電気用品安全法の対象外製品については当該製品のIEC、JIS等の規格に基づいて認証することができます。
  • 製品モデルごとに適合性評価を行い、また製品の製造工場の品質管理を年1回確認します。

認証の対象となる範囲

低電圧で使用されている全ての電気・電子製品のほか、組み込み電源ユニットなど半完成品、部品、材料などが認証の対象です。

認証取得者にとってのメリット

  • 認証取得者の製品が安全基準に適合していることを当機構が第三者機関として客観的に証明することにより、取引先や消費者からの信頼を高めます。
  • 製造工場の製品品質管理体制を当機構が確認することにより、体制の充実や見直しのポイントなどがより明確になります。
  • 電気用品安全法の対象製品については、事業者による自己確認のツールとして活用できます。

関連リンク

Sマークってなあに?

※Sマークは電気製品認証協議会(SCEA)が運営する第三者認証制度です。

ページの先頭へ