情報セキュリティ簡易診断サービス

情報セキュリティ簡易診断サービス

概要

情報セキュリティ対策、どうすれば良いの?にお応えします

昨今、情報セキュリティ管理の不備で情報漏洩などの事故が発生し、会社の信頼が大きく傷つくケースが数多く発生しています。また、新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークやクラウドの導入が必要となるなど、企業活動を取り巻く環境の変化が急速に進んでいます。
当機構では、このような変化に合わせた情報セキュリティ強化を支援するために「情報セキュリティ簡易診断サービス」を提供しております。
本サービスは、”情報セキュリティの現状把握と必要なセキュリティ対策の橋渡し”をサポートする、情報セキュリティの専⾨家が開発したJQAオリジナルのサービスです。

このようなお客さまにおすすめです

  • 親会社や取引先から情報セキュリティ対策を求められている。
  • 情報セキュリティ対策に取り組んでいるが、正解が⾒えてこない。
  • 社内の情報セキュリティ課題は⾒えているが、具体的な対策に進めない。
  • ISO/IEC 27001取得を意識しているが、⾃社の現状が⾒えないので決定ができない。

診断サービスの流れ

お客さま自身による自己診断と、JQA診断員による現場診断の2ステップで構成されています。
現場診断終了後は、診断結果の説明を⾏いますので、お客さまは実践的な取り組みや対策に向けたヒントを得ることができ、具体的な改善対応に役立ちます。

診断サービスの流れ

診断の5つの観点 ~「人」「情報」「物理」「システム」「方針」~

当機構では、5つの観点から企業活動を多角的に診断。具体的な対策事例や昨今の社会動向を踏まえた最新事例を交えながら、お客さまの情報セキュリティ対策をサポートいたします。

診断の5つの観点

お客さまのメリット

  • 自社の課題や対策のヒント、将来的なセキュリティ対策方針を作成するためのさまざまな気づきを得ることができます。
  • 自己診断以外の準備は不要です。日常の業務を止めずに情報セキュリティ体制の現状確認ができます。

<診断サービスを利用したお客さまの声>

  • 1年後にISMSの取得を考えていたが、社内の現状が良く分からず決断できなかった。外部からの診断を受けたことで、できていること、できていないことが自覚でき、前へ進むきっかけとなった。
  • 準備の負担がほとんどなく、気軽に利用することができた。

体制構築に向けたトータルサポート

当機構では、情報セキュリティ体制構築支援について段階別にさまざまなサービスをご用意しております。お客さまに最適なサービスのご提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

体制構築に向けたトータルサポート"

※その他、ご相談に応じます。

ISO/IEC 27001認証 eラーニング「まもる子さんと学情報」

ページの先頭へ